研修生 阿部君の場合

                                       阿部 健太郎
                                   

        今回は、鳩山牧場研修生阿部健太郎の一日日記をお送りします。
       まず、自己紹介!!
        去年4月に、ここ埼玉種畜牧場に将来実家の後継者として勉強するため、
       1年間の短期研修生としてきました。趣味は、バイク、料理、スノボーです。料理はここに来て
       から作るのが好きになりました。得意なのは、カレー、コロッケ、スパゲティです。スノボーは
       実は今年から始めようと思っています。(社員Tさんの影響です)
 それでは、鳩山牧場での1日の仕事についてお話しします。
 朝は、6時起床。7時半からスタッフみんなが集まり、仕事が始まります。 
 最初は「朝の管理」をします。
 「管理」とは、豚さんの食事や身の回りの世話をすることです。終わったら
次に子豚の移動です。豚という動物は、日々、体が大きくなっていくので、
豚さんの部屋がすぐにきゅうくつになってしまいます。そのため、大きくなると
身体に合った部屋に引っ越しをするのです。そして空いた部屋は次に入る
子豚達のために洗ってきれいにしておきます。  
 ここまでで、だいたい午前の仕事が終わり、昼ご飯が待っています。
 このときは自分が1日で1番幸せな時間です。
 
 午後の仕事が始まると子豚のミルク作りをします。この作業はこの牧場に
研修に来てからずっと受け持っている仕事です。作り終わって一段落し、
3時頃から「夕方の管理」をして1日の仕事が終わります。
豚さんもお休みの時間です。
 おやすみなさ〜い。

 仕事のあと、ミーティングが終わるとやっと夕飯!!このときは1日で2番目に
幸せです。みんなで今日の出来事を話ながら食べます。そして就寝。
僕達もお休みタイムです。
 明日もみんなで頑張って豚さんのお世話をしよう!おやすみなさい!!

やんちゃな子ブタ達の扱いにも慣れてきた・・・!?
 子豚のミルク作り。
結構力がいるんです。
豚に歩いてもらうのも修行です!