アマリちゃん

アマリ 私の名前はアマリ。13人兄妹のの末娘。え?「じゃ、さぞかし可愛がられるでしょう」って?とーんでもない!お母さんのオッパイは12個。13番目の私に吸い付けるオッパイはもうないの。だから私はアマリ。
 私達は、生まれたらすぐお母さんのオッパイを飲みに行きます。これは初乳といって、私達が生きていくために必要な栄養がいっぱい含まれているの。この初乳はお産の後しばらくの間しか出ないから、必死なわけ。「豚は生まれたときから吸うオッパイが決まっている」なんて信じられてるけどそれはウソ。お母さんのオッパイは前の方が良く出る。だから、前の方は大きくて強い子が取る。だから隣は次に強い子、と順に決まるサバイバルシステム。毎回奪い合いがあるんだけど、結局は決まったオッパイに落ち着くというわけ。

目次ぶた図書館連載小説
|第1話|

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"