大人向けの読み物

ぶたの本

五匹の子豚

著者 アガサ・クリスティー
出版社 ハヤカワ・ミステリ文庫
価格 560円
 この作品は、アガサ・クリスティーの有名な名探偵ポワロのシリーズのうちの一作である。
 「五匹の子豚」とはマザー・グースの数え唄の一つだそうです。
 一.この豚さんは市場行き、
 二.この豚さんはおるす番、
 三.この豚さんは肉を一切れもらい、
 四.この豚さんはなんにもない、
 五.この豚さんはウィー、ウィー、
    迷子になっちゃった。
 この歌詞をお母さんが赤ん坊の足の指を親指からつまみながら歌い、最後に足の裏をちょこちょことくすぐるのです。(あとがきより)
 作品の中で、ポワロは16年前の殺人事件の真相を解明することを依頼される。そこで、「五匹の子豚」とは、真犯人として疑われる五人の容疑者をたとえたものである。
 「五匹の子豚」すなわち五人の容疑者の手記を通してポワロは事件の意外な真相を明らかにしていく。
 和歌山のカレー事件ではないが、毒殺事件というのは、犯人特定がとてもむずかしいという特徴を利用した作品ということができるだろう。

目次ぶた図書館大人向けの読み物