肉豚

 生まれてから3週間ぐらいになると子豚の体重は7kgほどになり、離乳の時期を迎えます。通常、母豚を別の場所へ移動します。取り残された子豚の反応も様々です。何事もなかったかのように平然としているものもあれば、いち早く異常を察知し、ぶーぶー鳴きながら母豚を探すものもありますが、たいてい一日もすれば慣れてしまいます。この頃には、子豚はミルクを食べるようになっていますが、離乳のストレスでミルクを食べ過ぎて下痢になってしまう子豚が出てくるので注意が必要です。
 しばらくすると、子豚は別の施設へ移されます。ここで彼らは未知との遭遇を果たします。今までは、同じ兄弟だけで生活していましたが、ここでは違う子豚と一緒に生活しなくてはなりません。この場合、見知らぬ子豚同士でケンカがおきます。これは、どんな動物にもいえることで、群れで生活するには、動物間の強弱が決まらないと群れ自体が成立しないからです。こうして、3日ほどたつと、群れの中の順位が確定し、平和な生活へ変化していきます。

目次総合大学肉豚
肉豚ってナ〜ニ?哺乳子豚|離乳子豚|肥育豚(肉豚)サイボクの肉豚

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"