ミニブタの飼い方

ミニブタの飼育法の一例をゲッチンゲン系ミニブタの「ももちゃん」の暮らしから見ていきましょう。

朝 ももちゃんの朝は早・・・くはない。ご飯の時間はいつも決まっています。ももちゃんの腹時計は正確です。時間になるとそわそわブーブーと待っています。でもたまに早めにおねだりしてみることもあったりして。今日のメニューは、ドッグフード300gとキャベツの葉っぱ。ドッグフードを基本にして、野菜や果物、お芋なんかも一緒にあげます。でも沢山あげれば食いしん坊のももちゃんのことぺろっと食べてでっかいミニブタになるのでちょっとダイエット気味。ミニブタとはいっても好きなだけ食べさせたら80kgぐらいになってしまうし。

 ご飯を食べる前は、いつもしつけの時間です。犬のしつけと同じように、我慢することを教えることも大事です。今は、お座りも待てもできるようになりました。

ももちゃんのおうちは犬用ケージで庭付きです。きれい好きなのでトイレも決まっています。月に1度のシャンプーも大好きです。

日課の散歩に出かけます。まだ、珍しいのかたまに怖がられてしまうこともあるし、マナーは大事だから大型犬用の胴輪とリードを付けます。体は中型犬くらいだけど、胴回りが太いので大型犬用じゃないと入らない。女の子のももちゃんとしては少し恥ずかしいかな。お散歩も大好き、フンフンいろんな所の匂いを嗅いで、地面を鼻で掘ったりしていてとっても楽しそう。

暖かい日はひなたぼっこをしています。時々涎が出ていたり、いびきもしてしまうのが、またかわいい。

ご飯は1日2回だから夕方まではのんびり過ごします。ブラッシングしてあげたり、おなかを撫でてあげるともうメロメロ。

夕方のご飯の時間。ドッグフードとバナナと人参。眠る時間になったらケージに入れてよるがわかるように暗くしてあげれば、安心してぐっすり眠ります。今日も1日楽しかったね。ももちゃんといると時間がゆったり流れていく感じです。


目次総合大学
ミニブタの起源ミニブタの品種ミニブタの飼い方
心構え|飼育方法の一例|飼養管理

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"