大湖豚

大湖豚起源 大湖豚の原産は長江(揚子江)下流の大湖流域一帯である。その名は、二花瞼猪・梅山猪・楓猪・嘉興黒猪・黄猪・米猪・沙烏猪の7種類の総称である。これら、7種類は大湖豚の亜種と見なして良い。

●特徴 大湖豚の一般的な体型は、口が上向きで、耳は特に大きく下垂し、背腰はゆるくわずかに凹み、胸はやや深く、腹部は大きく下垂し、後躯には明確なしわがある。皮膚は柔らかく、皮毛はまばらである。毛色は黒あるいは灰黒色、中には四肢の下部や尾先が白色の種もある。乳頭は8〜9対で、中には11対のものも少なからずある。
大湖豚 雌豚の性質は温順で多産であり、泌乳力は高い。二花瞼猪は42頭、梅山猪は33頭、楓猪は32頭分娩したという記録がある。また、非常に早熟であり、生後2〜3ヶ月令で初回発情が始まり、2回目から交配することができる。この時の体重は20〜25kgである。雄豚も早熟で、普通5ヶ月令から交配に用いることができる。


目次総合大学豚の品種