ピエトレン

ピエトレン起源 ピエトレン種はベルギーのブラバンド州ピエトレン地方を原産とする。毛色は黒白の不規則な斑紋であり、耳は立っているが付着はゆるい。フランスのバイユー(白色のノルマンディー種にバークシャー種を交配し作出された品種)に由来し、ドイツでかなり改良された。品種として認定されたのは1950年からである。

●特徴 体全体の脂肪が薄く、筋肉量の多い品種であり、赤肉率(Lean percent)は世界一高いとされている。ピエトレンハイポー、ケンボローをはじめとしたヨーロッパ産ハイブリッド豚の止め雄系には必ず使われているといっても良い。この豚の肋張り、背溝、モモの張りは筋肉量が多く、正肉歩留まりの高い種豚を知る上で絶好の見本となるであろう。ただ、ピエトレン種はPSSの遺伝子を持つことでも有名である。そのため、肉質に対する評価は低い。特に、日本では、白い肉を好む欧米とは異なり、淡灰紅色の肉を好むため、この品種はほとんど供用されていない。


目次総合大学豚の品種