ブタの起源

イノシシが豚になった時代

 イノシシから豚への家畜化の年代は、一言では答えられません。それは家畜化という仕事が長期間にわたって連続的に行われるもので、その中のどの時点で家畜が成立したとみてよいのか、判断に苦しむところだからです。また、イノシシは家畜化しやすい性格の動物で、しかも移動性に乏しい動物です。家畜化の技術が伝播して、世界各地で豚が作られたので、豚が登場した時代はそれぞれの場所で異なるのです。
 現在、世界で最も古い豚の骨は、中国南部、桂林郊外の甑皮岩洞穴の遺跡から出土されています。これは約1万年前、新石器時代の居住遺跡と埋葬地で、装飾品などとともに発見されました。また吉林省や山西省の紀元前8000〜6000年の遺跡からも豚の骨が発見されています。他に、人類最古の農耕文化遺跡とされるトルクメニスタン南部のアナウ遺跡(紀元前4000年)、カスピ海沿岸のシャー・ペテの第三文化地層(紀元前3000年)、エジプトのファイウム遺跡(紀元前4000年)からも発見されています。ヨーロッパではスイスの湖生民族が飼っていた泥炭豚(紀元前2800年頃)が最古の豚とされています。

目次総合大学ぶたの起源

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"