内江猪

内江猪●起源 四川省内江県地区を原産とする在来種である。内江猪は内江地区の東漢時代の出土品「陶豚」からみて、今から1800年前に既に形成・飼育されていたと思われる。当時の農民の優れた選抜能力と飼育管理能力から作育された豚である。

●特徴内江猪 体型は大型で、鼻先は短く、常に舌が外にはみ出ている。額には深いしわが多く、耳は中等の大きさで垂れている。体躯は広く深く、背腰部はやや凹んでいる。腹部は大きく垂れているが、地面に着くほどではない。皮膚は厚く、皮毛は黒色で長い。母豚の乳房は発達しており、平均14個ある。
 繁殖能力は比較的高く、産子数8〜12頭(最高20頭)、生時体重0.6〜1.0kg、60日令時体重は10〜15kg(良好なもので21.5kg)とされている。早熟で雄豚では2ヶ月令で性成熟に達する。


目次総合大学豚の品種