豚の一日

 豚の一日は、朝ご飯から始まります。牧場の管理を見てみましょう。豚は決まった時間になると一斉に騒ぎ始め、餌を催促します。餌を食べている間に管理者はフンかきをし、豚の部屋をきれいにします。餌を食べ終わった豚は水を飲んだり、柵をかじって遊んだりと個体によって様々なことをします。しばらくすると休息に入ります。豚は餌を食べる、遊ぶ、寝るのこの一定のサイクルで行動しています。小さな子豚は遊ぶ時間が多く、大きくなるにつれて寝ている時間とうつらうつらとしている時間が多くなります。このサイクルが狂うと豚の成長に影響を与えるため、牧場はこのような豚のサイクルにあわせた管理を行っています。また、季節によってこのサイクルが変わるため、これに合わせた管理を行います。例えば、夏は暑いために豚は昼に餌を食べません。そのため、朝早くに餌を与えます。

目次総合大学豚の生態
寝る遊ぶ鳴くケンカ交配(種付け)食べる噛む|豚の一日|きれい好き自分のおっぱい

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"