ミニブタの飼い方

飼養管理
1.飼育環境
 ミニブタ用のケージが実験動物の飼育用に市販されています。しかし、中型犬用の市販されているケージでも十分です。運動場がとれる場合は、トイレの場所を少し湿潤状態にしておくと良いでしょう。ブタはトイレの場所を一定にする習性があります。ケージのみの場合は、1日2回以上の散歩が必要です。寝所では排糞は・排尿はしたがりませんとてもきれい好きの動物なのです。
2.給餌給水
 餌は市販されているものもあります。小売店に置いてない場合はメーカーから直接購入することも出来ます。まずは問い合わせてみては?代用品としてはドッグフードでも良い。ドッグフードの場合はできれば原料に穀物が多く使われているものや、ダイエット用のフードがよいでしょう。3ヶ月齢以下の子豚には動物用粉末ミルクを与えます。ブタは食いしん坊です。人間の食べるものはたいがい食べてしまうし、効率よく自分のお肉にしてしまいます。まるまるしているのもかわいいけど、太りすぎは禁物。餌を制限する場合は空腹によるストレスを和らげるよう栄養価の少ない餌(主食の他に野菜などを合わせてあげるなど)を利用することも良いと思います。
 雑食性なので人間の食べるものはたいてい食べますが、塩分の多給を避け、ネギなど刺激の強いものは与えないといったことはどのペットでも同じです。給餌は1日2回に分けて行います。1日の量は品種や体重によって異なります。ゲッチンゲンの成熟した個体で600〜800(g/日)位が目安ですが、体重をキープするためにもっと少なく与えている場合もあるようです。成長期に沢山食べるとその分大きなミニブタになります。
 給水は自由に飲めることが望ましいのですが、水分を多く取ると体重にも影響するとも言われています。
3.慣れる
 ブタと仲良しになるには、毎日接することが一番の近道です。話しかけてあげたり、ブラッシングをすることでブタも落ち着くようになります。
 ブタがいやがる刺激を与えると、人間が近づくだけで金切り声をあげるようになってしまいます。どんな動物とも信頼関係が一番大事!
4.しつけ
 できるだけ小さい時期から始めましょう。しつけの方法は犬と同じです。私の知っているミニブタでは、おすわり・ふせ・まてをマスターしていた子もいます。人間と暮らすのですから、ルールが必要になります。
5.届け出
 法的に特に必要はないものの、複数頭飼う場合には保健所に報告しておいた方が後に近隣から苦情等が出た場合スムーズに対処できます。あらかじめ聞いておいた方がよいと思います。また、ミニブタを飼うときには、そのお店にワクチン接種のことも確認を取りましょう。
6.健康管理
 男の子・女の子によって性質が違います。もちろん個体によっても違いますが・・・。雄の場合、成熟するに従って牙が大きくなってきます。攻撃的になることもあるのでおすすめできません。去勢した個体であれば温順で、慣れやすくなります。雌の場合、21日周期で発情します。このときも、いらいらする・鳴き声がひどくなる事があるようです。発情抑制のホルモン剤を投与する対策もあるそうです。獣医さんに相談してみましょう。かわいそうと思うかもしれませんが、まだ馴染みのないミニブタをペットとして飼うのですから、飼い主として充分調べ準備をしましょう。

目次総合大学
ミニブタの起源ミニブタの品種ミニブタの飼い方
心構え飼育方法の一例|飼養管理|

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"