鳩山牧場は、埼玉県比企郡鳩山町に1969年に設置され、スーパーゴールデンポーク(WBD)とゴールデンポーク(WLD)の原種豚、種豚となるランドレース種、大ヨークシャー種の純粋及びWL/LW、WB母豚を作育しています。また、南アルプス牧場で作育されたデュロックの販売もおこなっています。

鳩山牧場の大ヨークシャー♂
農場概要
 母豚数170頭の一貫経営で、糞尿処理は複合ラグーンシステムを使用し、堆肥は近隣農家への配送や、袋詰め(商品名『サンライト』)にしてサイボクハム本店横の楽農ひろばにて販売も行っています。
 原種豚・種豚すべてに、公認の社団法人・日本養豚協会発行の血統書が付いており、全国の養豚家への販売も行っています。
左:種豚登録等の証明書
右:特別優良指定種豚場認定書等
 また、農業後継青年を研修生として受け入れており、実践を通して経営技術を習得し、研修終了後も『サイボク心友会』を組織して各地域で活躍しています。
 このように全国の養豚農家とのネットワークを広げ、健康で経済能力の優れた豚の育種改良に努めています。

お問い合わせ
 〒350−0300
 埼玉県比企郡鳩山町大字竹本1340
 TEL:049−296−0441
 FAX:049−296−3911