大人向けの読み物

ぶたの本

沖縄の豚と山羊

著者 島袋正敏
出版社 おきなわ文庫
価格 880円税別
 沖縄は長寿の県であり、その要因の一つに食生活がある。特に、食肉文化、豚と山羊を中心とする歴史的な文化がある。
 本書では、著者の経験に基づいて、豚と山羊の飼育法から屠殺・解体処理の方法、料理法に至るまで詳しく解説している。
 沖縄の島々の豊かな食肉文化の深層に迫り、各地で伝えられてきた食肉文化の多様性・共通性を明らかにしている。
 本書に書かれたことは、あくまでも伝統的な沖縄の食肉文化で、その形は受け継がれてきたものの、現在では肉の流通形態もかなり異なってきており、また、輸入牛肉の流入などにより、特に山羊などの食べ方はかなり変化してきているといわれる。
 最後に著者は次のように言っている。「沖縄もまだ食肉の加工と保存のバリエーションをもっと広げ、食を豊かにしていく工夫と努力が不足している」
 しかし、ドイツのように豚肉を一頭丸ごと消費しているところは、日本では沖縄しかなく、特に料理法に学ぶところが多いのではないだろうか。

目次ぶた図書館大人向けの読み物