ぶたの鼻

ぶたの鼻 豚といえば鼻がシンボルマークです。この鼻は野生時代に土の中にある餌を臭いで探して掘って食べていたため、このような独特の形になりました。豚はこの鼻で物を持ち上げたり、はねとばしたり、他の豚とケンカしたりします。鼻の力は20kgくらいあるといわれています。管理中にしゃがんでいると30kgくらいの豚に鼻で持ち上げられそうになります。100kgになると豚の鼻を押さえようとしても負けてしまいます。また、力が強いだけでなく、この鼻を器用に使って、柵の鍵をあけて逃げることもあります。
 嗅覚は豚の感覚の中で一番発達しています。仲間に会った時は、まず臭いをかぎあって相手を確認したり、落ちている物もまず臭いをかいで食べ物か調べます。初めて行く所などでは、頭を上げ、その先に向けて見ているようなそぶりを見せますが、これは臭いで安全を調べているのです。豚の嗅覚は犬よりも優れており、その昔税関の麻薬の探知に豚が一役を担っていたという記録があります。しかし、食べ物に反応してしまうため犬に変わってしまいました。また、雌の発情の臭いと同じようなトリュフを探すというのも有名な話です。

目次総合大学豚の体
|鼻|皮膚毛色おっぱいしっぽ睾丸

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"