名称と栄養

7.レバー(肝臓)

 低脂肪かつ高タンパクという特徴があります。内臓の中ではもちろん、豚肉のすべての部位の中でも抜群の栄養バランスを誇り、まさに“栄養の王様”と言える優れた食品です。
 例えば、レバー100gの中には、鉄分が22.6r前後含まれていますが、これは成年男子が1日に必要とする鉄分の約2倍の量に相当します。つまり、50gのレバーを食べるだけで、1日の鉄分摂取量はクリアーできてしまうのです。

目次総合大学名称と栄養

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"