ブタの起源

家畜化に関与したイノシシ

 イノシシ科、イノシシ属にはイノシシの他に、ヒゲイノシシ、スンダイボイノシシ、コビトイノシシの4種がある。後述した3種は、いずれも家畜化されなかったイノシシ属の動物で、家畜豚の祖先種はイノシシ属イノシシに属する亜種のなかのいくつかである。これは大きく3種に分けられる。
ヨーロッパイノシシ系
 大型で、体毛は黒から褐色で密生している。首の背側には剛毛がある。頭骨は長く低く、涙骨も長く、耳が大きく立っている。いくつかのタイプがあり、ヨーロッパ各地で馴化されてさまざまな品種の基礎となった。
インドイノシシ系
 ヨーロッパとアジアの中間的な特徴をもっている。四肢が比較的長く背が高い。頚の黒い剛毛はたてがみになっている。
アジアイノシシ系
 頭骨が短くて高く、涙骨は短く正方形に近い。耳はやや小さい。口から頬にかけて淡色の帯がありシラヒゲイノシシの別名がある。

目次総合大学ぶたの起源

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"