●起源 黄淮海黒豚とは淮猪、深州猪、馬身猪などの総称である。これらはその生態、その土地の農業習慣、飼料、飼育方式などが基本的に類似しており、各種の豚が互いに影響し合っており、外貌も特性も類似していることから、このように呼ばれることになった。
 
黄淮海黒豚
●特徴 黄淮海黒豚の体型は比較的大きく、耳は大きく垂れ下がり鼻端よりも長い。皮膚皮毛は黒色で皮毛は緻密で太い。冬季には綿毛が密生する。比較的粗悪な飼育環境にも適応するが、発育は比較的遅い。ただし、枝肉における赤肉率が高いという長所を持つ。
黄淮海黒豚は、黄河の中下流域、淮河、海河流域、江蘇北部、安微省北部、山東、山西、河南、河北、内蒙古などの広大な地域に分布している。これらの地域は中国古代文明が早期に発展した地域で、内蒙古自治区近辺の10,000〜12,000年前の遺跡からは、猪とは明らかに異なる古代豚の骨が出土しており、すでに当時からこの地域では養豚が行われていたことを示すものである。
目次総合大学豚の品種

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"