アマリちゃん

アマリ 13番目に生まれて体もちっちゃかった私はもう大変!1時間に1回あるオッパイタイムは、あっちのオッパイこっちのオッパイと行くんだけど、体のおっきなお兄ちゃんやお姉ちゃんにもみくちゃにされてもう大変!!お兄ちゃんやお姉ちゃんがスヤスヤ寝ている間にちょっと失敬することもあるんだけどね。
 もちろんそれだけじゃ足りないから、牧場のお姉さんが作ってくれる粉ミルクを飲んでます。でも、その粉ミルクもお姉さんが時々忘れそうになるからやんなっちゃう。そんな時は、飛び上がりながらおっきい声で「ミルクちょーだい」って叫ぶんだ。
 牧場にはお兄さんもおじさんもいるんだけど、やっぱりお姉さんが一番好き。ミルクはくれるし抱っこもしてくれる。だから、お姉さんは足音だけでわかるんだ。

目次ぶた図書館連載小説
第1話|第2話|

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"