大人向けの読み物

ぶたの本

空飛ぶ豚

著者 荻野アンナ
出版社 共同通信社
価格 1680円税別
 著者は、慶應大学文学部助教授であると同時に、第105回芥川賞作家(「背負い水」)でもある。1996年夏に東京銀座で「豚珍感展」なるグッズ展を開催し、今まであまり表に出ることのなかった世の豚グッズコレクターを狂喜させた。これを知ったサイボクスタッフが突撃取材(心友誌70号)を敢行し、この「豚の博物館」のなかでもコレクターとしても登場していただいている。その時、進行中だったのがこの「空飛ぶ豚」である。取材当時、ご自慢の一品であった「本を突き破るブタ」だけでなく、多くの豚グッズがエッセイとともに登場している。グッズはかわいい系からリアル系まで幅広く網羅されているが、結構ブキミ系(?)が多いような気がするのは私だけだろうか。いずれにしても、この本自体が豚グッズといえる傑作であることは間違いない。

目次ぶた図書館大人向けの読み物