子供向けの読み物

ぶたの本

豚の死なない日

著者 ロバート・ニュートン・ペック
訳者 金原瑞人
出版社 白水社
価格 1,500円
 著者はこの物語で自分の父親(豚の屠殺を職業としている)と自分の幼少期を描いている。
 アメリカのヴァーモント州の田舎の町ラーニングを舞台に、電気も水道もなく、シェーカー教という古い迷信に支配され、しかし、質素だか豊かな昔の農村の生活を生き生きと描写している。
 人々が生活のために労働し、労働そのものの生活であった時代、日が昇れば起き、日が沈めば眠るという生活の時代。父と子の間には数多くの教え、教えられる関係が成立していた。
 そして、わずか一頭の子豚「ピンキー」との交流を通して、この少年はなんと多くのことを学び、数多くの感動と教訓を得たことだろうか。畜産の原点はこういった家畜と人間の心の交流から始まっていると改めて思い知らされる。
 そして、著者はこういった生活が今のような知識のみの詰め込みの学校教育より、遙かに子供にとって重要であり、見直すべきであると言いたいように思われる。

目次ぶた図書館子供向けの読み物