align="left"
F1

WL サイボクのF1は、WL、LW、WBの3品種です。基礎となる純粋種を独自の閉鎖群で改良、選抜を行っているため、雑種強勢はより強く出現し、ばらつきも少なくなります。足腰も丈夫で、そのため抗病性、活力といった強健性を肉豚にまで遺伝することができます。WBはさらに美味しい豚肉を生産するために作られた、サイボクならではの品種です。バークシャーの持つ肉質と強健性、WB大ヨークシャーの肉質と繁殖性を兼ねそろえた品種であり、特定の系統のバークシャーをフィールドマーシャル系の大ヨークシャーに交配することによってバークシャーの欠点をカバーすることに成功し、より強健性が高まりました。差別化を行う上で今後期待される品種です。

 サイボクはもっと美味しい世界一の豚肉を生産するため、常に品種の改良を行っています。現在、世界的にも数少なくなった中型種に注目し、それをハイブリッド化し、さらなる新系統を作成中です。


目次総合大学種豚
種豚の改良改良の特徴大ヨークシャーランドレース|F1(ハイブリッド)|デュロックバークシャー

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"