大ヨークシャー

 英国系のフィールドマーシャルとキングダビットの2系統から成り立っています。体型はやや小型で肉のキメと脂肪の質に優れています。体脂肪も適度にあり、特に皮膚、被毛が柔らかいためストレスにも強く、足腰も丈夫でゆったりとしたタイプの種豚です。また、生時体重は1.0〜1.2kgと小さいが産子数は多く、母性愛の強さから子育ては上手です。そのためF1種豚を生産するための基礎豚として重要な役目をしています。また、フィールドマーシャル系は肉質の良さからバークシャーとのニッキング(相性)も良く、今後美味しい豚肉を生産するためにも必要不可欠な系統です。

目次総合大学種豚
種豚の改良改良の特徴|大ヨークシャー|ランドレースF1(ハイブリッド)デュロックバークシャー

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"