寝る

寝る 小さい子豚ほど熟睡します。親豚の場合、寝るというよりも休息という表現の方が適切でしょう。自然界では寝るということは、敵に襲われる可能性が大きくなるため十分に出来ませんが、家畜化された豚は敵がいないためぐっすり寝ます。
 健康状態によって、豚の寝方は変わります。豚は体を横にして寝ます。足を広げて寝ていれば、人が大の字に寝ているのと同じようにリラックスして気持ちよく寝ている証拠です。おなかを下にしてうずくまって寝ている時は寒いのか、おなかが痛い時です。また、いつも集団で生活しているため、寒い時は集まって、時には他の豚の上に乗っかって寝ます。暑い時はばらばらになって寝ます。
あくび 寝ている時の豚は足をばたつかせたり、しっぽを振ったり、口をもごもごと動かしたりと夢を見ているようです。子豚の場合、持ち上げても起きないほど爆睡している時があります。
 また、人間と同じようにイビキもかきます。静かに寝ている豚もいれば、ひどいイビキの豚もいます。

目次総合大学豚の生態
|寝る|遊ぶ鳴くケンカ交配(種付け)食べる噛む豚の一日きれい好き自分のおっぱい

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"