ぶたの睾丸

 豚は家畜の中で産子数が多いのが特徴です。そのため、多くの精子が必要になり、雄の睾丸は発達しています。生まれたばかりの子豚ではギンナンぐらいの大きさ、50kg位の豚ではいちじくくらいの大きさ、成熟した雄では大きいものではラグビーボール位の豚もいます。
 睾丸には大事な精子が入っており、精子は一定の温度の中でしか生きられないため、独自の温度調整を行っています。暑い時は睾丸が下に下がり、体温で温まらないようになっており、寒い時は睾丸は上に上がって、体温で温まるようになっています。
 良く発達した睾丸は大きく、副睾丸というものが睾丸の上に見えてきます。このような雄を選び、種付けをするとたくさんの子豚が産まれます。

目次総合大学豚の体
皮膚毛色おっぱいしっぽ|睾丸|

Copyright(C)2000株式会社埼玉種畜牧場
Maintained by "Pig Museum Steering Committee"