山猪

山猪●起源 山猪の起源は淮猪とされている。江蘇省、安徽省にわたり、安徽省除、江蘇省鎮江、揚州の三県の西部、南京の各県に接した丘陵山岳地帯に広く分布する。この地域は交通も不便で商業経済も発達しておらず、淮北地域以外の豚の混入は考えられず、淮猪が徐々に環境に適応した形で山猪へ移行したものと考えられる。

山猪●特徴 体色は全身真黒で、耳は大きく垂れ下がっている。皮膚は厚く、シワが多い。淮猪に比べ、やや大きく、皮毛は細かい。山猪は鼻先の長短で大きく二つに分類される。鼻先の長いものは、頭の形が馬に似ているため、馬頭型と呼ばれ、性質が若干荒い。短いものは獅子頭型と呼ばれ、性質が温和で飼いやすい。


目次総合大学豚の品種