民猪

民猪起源 民猪は中国東北地方の吉林省、黒龍江省を中心に分布している。起源は東北産の野豚と約1800年前に移民が持ち込んだ南からの品種との交雑から始まったとされている。

●特徴 この豚の特徴は、耐寒性にある。冬季には粗剛な長毛の下に柔らかで保温性の高い絨毛が密生する。吉林省農業科学研究所の観察では、−27℃の低温環境でも四肢を腹の下へ集め静かにうずくまり、震えることがなかった。民猪同じような条件では、ランドレース種は悲鳴を上げる。また、−15℃の室外でも正常に子豚を分娩し育てるという。

●エピソード 1982年、日中友好畜産研究会第三次訪中団に参加し、いくつかの生産現場を見て歩く機会を得た。その時、長春市郊外の幸福人民公社を訪ねたが、石造りの分娩豚舎と放牧される母豚群、そしてビロード状の被毛を持った民猪の姿に強い印象を受けたものである。


目次総合大学豚の品種