ハンプシャー

ハンプシャー起源 英国の南部、特にハンプシャー地方を中心に飼われていた白帯のある黒豚をアメリカが1825〜1830年頃輸入し、ケンタッキー州とマサチューセッツ州で改良を加え、1904年に品種として認定された。改良の過程で他品種との交配が繰り返されたが、白帯は優性遺伝をするので白帯を持つ品種に固定することは容易であったようだ。しかし、現在でも約10%程度白帯の不完全なものが見られる。

ハンプシャー●特徴 ハンプシャー種は、皮下脂肪が薄いので枝肉に占める赤肉割合が多い。また、商品価値の高いロース芯面積が大きく、赤肉の生産性においては極めて優れた品種である。しかし、保水性や脂肪の融点が低く、PSEの発生割合も高いとされ、肉質については問題が多い。

●エピソード 1970年代後半には、種雄豚の40%以上を占め、いわゆる止め雄の代表選手であったが、1980年代には肉質に優れるデュロックにその座を奪われ、今日では希少品種である。


目次総合大学豚の品種