沂蒙黒猪
●起源 原産は山東省沂蒙山地区の丘陵地帯で、その分布は臨沂地区を中心としている。産地周辺では、農作物の二毛作あるいは二年三作が可能な比較的飼料資源の豊富な環境である。
農民はこれを活かし、春に子豚を購入し、夏から秋にかけて肥育し、冬に販売するという習慣を持っていた。1978年以降、種豚場や養豚場で、産子数が多く、発育が早く、体長の長い豚を目標に改良を進め、現在のような沂蒙黒豚が作出された
●特徴 体型は中位で、額に金銭模様のシワがある。毛色は黒である。沂蒙黒豚は体の大きさや早熟性から大、中、小の三型に分類される。


目次総合大学豚の品種